24
12月

屋上緑化で二酸化炭素を吸収!?しかも野菜もできちゃう!!

便利と引き換えの地球の温暖化

現在は働く人一人に1台のパソコンが割り当てられて仕事をしている企業が多いです。昔では考えられなかったことですが、これにより効率的に仕事を進めることができる状況になっています。ところがこのパソコンですが利用していると暖かい空気が出てきます。社員全員が使用することで部屋全体の温度が上昇します。この温度を抑えるためにエアコンで温度を下げたり対応しています。このエアコンを使用することは地球の温度を上げることになります。地球の温暖化です。

植物が二酸化炭素を減らしてくれる

排気に含まれる二酸化炭素が気温上昇の原因のひとつです。その二酸化炭素を減らすためには小学生でもわかる方法がひとつあります。発生する場所に植物を置くことです。植物は二酸化炭素を酸素に変えてくれます。これにより何もしないよりも二酸化炭素の排出量を減らし、気温の上昇を抑えることに繋がります。そのため首都圏のビル群の中でも緑を導入している企業、ビルがあります。壁面にツタを這わせて緑化をして建物の温度上昇を抑え、酸素に変換しています。

屋上緑化はメリットが多くある

ビルの場合には屋上緑化に取り組むところもあります。防水加工を施し強化し、土を敷いて緑を植えます。これにより何もなかった屋上に小さな庭ができます。中には植物のかわりに野菜を植えているところもあります。実際にできた野菜を育てて自分たちで食したりします。また休憩時間も外に出ることをしなかった社員が屋上で過ごしたりしたり、水をあげたりと、気分転換のできる環境を提供することにも繋がります。屋上緑化に取り組むことでメリットは多くあります。

屋上緑化はエコな社会の中で注目されていますので、様々な企業が取り組んでいる環境問題の解決方法として人気があります。