23
12月

いくつ知っている?「七五三」のマメ知識!

七五三はいつやればいい?

七五三は11月15日とされています。ただし、その前後は神社が混みあうことや北国では寒くなることから、その前後1ヶ月くらいに行われることが多いようです。11月15日が七五三となったのは、天和元年11月15日に徳川綱吉の長男の徳松の健康と長寿を祈って行われたとされた説があります。旧暦の11月は秋の実りを感謝する霜月祭でもあり、その土地の神様である氏神様へお参りする月にあたります。15日は二十八宿の「鬼宿日」で婚礼以外は吉とされる日です。

七五三の由来をしってますか?

昔は医療や衛生状態などの関係もあり乳幼児の死亡率が高く7歳まで育つことが難しい時代でした。子供が無事に成長したことへ感謝すると共に、健康と長寿を願い氏神様にお参りしていました。儀式は平安時代の宮中や公家の間で行われていた、3歳の男女の「髪置き」、5歳の男子の「袴着」、7歳の女子「帯解き」が由来とされていて、本来は別の日に行われていたようです。大衆には江戸時代に全国へ広まり、明治時代に現在の形になりました。

七五三は数え年でやらなければいけない?

昔は数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で七五三を行いましたが、現在は満年齢で行われることが多くなりました。数え年の3歳は、まだ幼く慣れない着物などを着ているのが大変だったり、兄弟がいる場合は、どちらかの年齢に合わせて行うなど、それぞれの家庭の事情で様々です。数え年でも満年齢でも、健やかな成長を祝う大切な子供が主役の儀式です。子供が負担にならないように気をつけて、家族や地域みんなでお祝いをしたいものです。

七五三のレストランの予約をするために、実績のある店舗のホームページを参考にしつつ、事前にメニューを決めることが大切です。