23
12月

腕時計ってこんなに種類があるの?腕時計の種類をご紹介!

最近の腕時計の主流です

クォーツ式時計は最近の腕時計の主流となっている種類の一つです。クォーツは水晶と言う意味を持つもので、水晶は電子部品の一つです。水晶は正確な周波数を持つのが特徴で、一定の周波数を送りだすため、正確な時を刻めると言うメリットがあります。但し、水晶は電子部品であり、電源を必要とするのが特徴で、クォーツ式時計と言うのは電池交換が必要になる腕時計と言う特徴もあります。電池の残量が少なくなると時計は遅れるなど、正確な時を刻まなくなるので早めの交換がお勧めですよ。

一昔前の主流だった機械式時計

クォーツ式時計は電池が必要と言う特徴がありますが、腕時計の中には電池を使わない機械式時計もあります。機械式時計には自動巻きと主導巻きと言う2つのタイプがあるのですが、巻きと言うのは何を意味しているのかご存知でしょうか。機械式時計の原理は金属製のゼンマイが元の状態に戻ろうとする性質を利用しているもので、ゼンマイを巻きあげると、元の状態に戻す力が働き、腕時計内部の歯車を回転させ、時を刻むと言う原理になっている時計です。

アンティーク時計なども機械式時計ですよ

アンティーク時計は古い時代に活躍した時計、ファッションを楽しみたい人々からの注目を集めていますよね。アンティーク時計は機械式時計が主流であり、ゼンマイ式の時計になります。自動巻きは腕に装着しているとゼンマイを自動的に巻きあげてくれる腕時計、手動巻きは腕時計の持ち主が定期的にゼンマイを自ら巻きあげるタイプと言った違いがあります。自動巻きは腕の動きにより時計内部の部品が回転をしてゼンマイを巻いて行くと言う特徴がありますが、手動巻きは竜頭を使ってゼンマイを巻きあげると言う魅力を持つ腕時計でもあるのです。

シャネルの時計の人気商品にはシャネルJ12があります。セラミック素材でシンプルな中に華やかさも感じられる時計となっています。